Apple認定整備済製品は本当にお得なの?実際に購入して感じたことをまとめました!

当ページのリンクには広告が含まれています。
refurbished-value

Apple製品は同分野の製品の中でも高いため、予算を抑えられる中古品を購入するのが選択肢の一つとして考えると思います。

そこで、Apple製品の中古品の購入先として注目すべきは、Appleの認定整備済製品という選択肢です。

たく

Apple公式から販売されているため、どこの中古品販売店より信頼性が高いと言えます!

では実際に、認定整備済製品は本当にお得なのでしょうか?

本記事では、Apple認定整備済製品を実際に購入して気づいた、メリットとデメリット、そして実際に購入して感じたことを詳しく紹介します。

目次

認定整備済製品 とは

AppleProduct-Certified
引用元:Apple

認定整備済製品は、何らかの理由で返品された製品や、メーカーの欠陥が見つかった製品など、中古品・欠陥品をAppleが再整備して新品同様にした製品です。

認定整備済製品 一覧
  • iPhone
  • iPad
  • Mac
  • Apple Watch
  • HomePod
  • Apple TV
  • Apple アクセサリ

上記の製品は、Apple公式が全て厳密に整備しており、Apple純正パーツの交換から動作テスト、クリーニングまでを経て、認定整備済製品として販売されます。

認定整備済製品は、元々中古品や欠陥品であったものを新品同様の品質と保証に整備します。

認定整備済製品 概要
  • Apple純正の新しいバッテリーと外装が搭載
  • 新品の付属品が完備
  • 1年間のハードウェア製品限定保証
  • 90日間の無償テクニカルサポート
  • AppleCare+に加入可能
  • 14日以内なら返品無料

認定整備済製品はApple公式での販売

認定整備済製品を販売しているのは、Apple公式オンラインサイトのみになります。

Amazonや中古販売店で販売されている中古品のApple製品に「整備済み品」と記載されていることがありますが、これらはApple公式が整備したものではありません

そのため、認定整備済製品以外の中古品のApple製品は、Apple純正パーツやバッテリーを新品に交換しておらず、Apple公式の保証もついていません。

「認定整備済製品」と「整備済み品」の名前は似ていますが、整備の質は全く異なります。

たく

他の中古販売店も適切に整備してくれているとは思いますが、公式側が整備する方が安心感が強いです。

メリット

認定整備済製品を購入した際に、新品を購入した時と比べて感じた良い点を2つ紹介します。

メリット
  • 新品同様の品質と保証
  • 新品同様で安価に購入できる

新品同様の品質と保証

Refurbishment Quality

認定整備済製品は、再整備された中古品でありながら新品同様の品質と保証があります。

認定整備済製品 概要
  • Apple純正の新しいバッテリーと外装が搭載
  • 新品の付属品が完備
  • 1年間のハードウェア製品限定保証
  • 90日間の無償テクニカルサポート
  • AppleCare+に加入可能
  • 14日以内なら返品無料

これだけの充実した品質と保証を提供できるのはApple公式だけで、他の中古品販売店では実現できません

Refurbishment Uncool
左:新品時の箱   右:認定整備済製品の箱

新品のiPad Air第4世代と認定整備済製品のiPad Air第4世代を比較しましたが、実際に二つの製品に違いは感じられません

中古品に多少抵抗がある人でも、Apple公式が新品同様に再整備してくれるため気にならないと思います。

たく

自分は少々潔癖な方ですが、認定整備済製品は特に気になる部分はありません。

中古品の購入を考えてるけど、中古品の中でも「できるだけ状態が良い」となると認定整備済製品がおすすめです。

新品同様で安価に購入できる

認定整備済製品は、新品同様の品質に対して最大15%の特別価格で購入することが可能です。

たく

15%OFF価格は、新品同様のApple製品を探している方々にとってはとても魅力ですね。

例えば、iPadmini第6世代(Wi-Fiモデル, 64GB)の認定整備済製品と新品を比較すると、価格には約12,000円の違いがあります。

たく

新品同様の品質と保証があるにもかかわらず、大幅な価格差が分かります。

しかし、他の中古販売店と比較すると、一部の人々は「中古品なのに高価格だ」と感じるかもしれません。

実際に、中古販売店のイオシスと比較してみると、イオシスで販売されている同じ製品は6,000円も安くなっています。

しかし、品質と保証の両方を気にするなら認定整備済製品の方が圧倒的にお得です。

最終的には、品質と保証を優先するか、それとも価格を優先するかによって、この価格差に対する評価は変わるでしょう。

たく

自分は少しぐらいお金を高く払っても、品質や保証を優先したいため認定整備済製品を選ぶかな。

デメリット

認定整備済製品を購入した際に、新品を購入した時と比べて感じた気になる点が1つあります。

デメリット
  • 在庫に限界がある

在庫に限界がある

Apple認定整備済製品は、返品された製品やメーカーの欠陥が見つかった製品を再整備しているため、他の中古販売店と比較して販売される数量は限定的です。

一般的な中古販売店がお客様から買取した製品を販売するのと異なり、認定整備済製品は元々の供給量が限られているため、どうしても販売数量に限りがあります。

特に最新モデルは在庫が少なく、主に型落ちモデルが販売される傾向にあります。

たく

しかし、最近では型落ちモデルでも十分に活用できるため購入してみるのもありです。

実際に購入して感じたこと

ここからは実際に、認定整備済製品を購入して感じたことをお話しします。(今回購入したのはiPadAir第4世代 Wi-Fiモデル,64GB)

実際に感じたこと
  • 箱が少々汚い
  • 箱が正直ダサい

箱が少々汚い

Refurbishment Dirty

認定整備済製品が自宅に届いてすぐに開封すると、少しほこりが目立ちました。

これは予想ですが、認定整備済製品は新品に比べて買い手が少ないため、購入者が見つかるまでの一定期間保管されていたのかもしれません。

しかし、シュリンク(包装)を剥がすと、箱に傷や汚れは一切ない状態です。

たく

製品の品質にも問題はなく、自分がほこりに対して過敏なだけかもしれません。

箱が正直ダサい

Refurbishment Uncool
左:新品時の箱   右:認定整備済製品の箱

これは完全に「主観的な評価」ですが、Apple認定整備済製品の箱は、新品時の箱に比べて少しデザイン面で劣ると感じました。

新品の箱は洗練されたデザインが特徴で個人的な好みに合っていましたが、認定整備済製品の箱はシンプルすぎると感じました。

当然、人によってはシンプルなデザインを好む方もいるでしょう。

しかしながら、Apple製品は洗礼されたデザインの箱が魅力の一つとして考えているため、「新品と同じ箱を使用してほしい」というのが正直な感想です。

認定整備済製品をもっと安く購入する方法

認定整備済製品をもっと安く購入する方法を下記で詳しく紹介しています。

購入手順
  1. 楽天市場でApple ギフトカード購入
  2. AppleギフトカードをApple IDに登録
  3. Rebates経由でAppleオンラインストアで購入

買い方自体は少々面倒かもしれませんが、慣れていけば効率よくお買い物できるため試してください。

STEP

楽天市場でApple ギフトカード購入

Apple-Gift-Card

まずは、楽天市場で購入予定のApple製品の購入額だけAppleギフトカードを購入しましょう

Apple Gift Card 認定店
¥10,000 (2024/07/21 03:41時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Appleギフトカードとは、iPhoneやMacbookなどのハードウェアからAppleのサブスクまで、あらゆるApple内の支払いに利用できるプリペイドカードです。

楽天市場では、Appleギフトカードを1,500~50,000円の範囲内で購入可能で、1円単位の金額で調整が可能です。

楽天市場でAppleギフトカードを初回購入する場合、初回購入から45日間は購入額は1万円の制限があります。45日以降からは、制限なく購入することができます。

Rakuten-marathon
Rakuten-5-0

楽天市場の魅力は、「楽天SPU」や「お買い物マラソン」、「5と0のつく日」イベントを利用することで、ポイント還元率が大幅に上昇します。

楽天市場では、最低でも購入した価格の1%以上が楽天ポイントで還元されます。

これに加えて、上記のイベントや楽天SPUを活用することで、さらに高い還元率を得ることが可能です。

楽天SPUとは、対象サービスの条件を達成すると楽天市場でのお買い物がポイントアップするプログラムです。
引用元:楽天市場

STEP

AppleギフトカードをApple IDに登録

その後、楽天市場でAppleギフトカードを購入したら、数分後に楽天市場で登録しているメールアドレスに下記のようなメールが届きます。

AppleGiftCard-Rakuten

送られてきたコードをタップすると、購入した金額分がApple IDの残高に追加されます。

楽天市場では、Appleギフトカードを1回の買い物で最大5万円しか購入できないため、5万円以上を購入する場合は複数回に分けて購入する必要があります

STEP

Rebates経由でAppleオンラインストアで購入

RakutenRebates
引用元:Rebates

購入予定のApple製品の購入額と同等のチャージが完了したら、次に行うべき最も重要なステップは、Rebatesを経由してAppleオンラインストアにアクセスすることです。

Rebatesサービスを経由することで、AppleオンラインストアからApple製品を購入するだけで後日楽天ポイントが配布されます。

Rebates とは…

Rebatesとは、掲載されている有名ブランドやショップの公式サイトでお買い物をしても楽天ポイントが貯まるサービスです。 「あの通販サイトでも?」と思うような人気ストア、普段よく利用するストアのお買い物でRebatesを経由して購入すれば、簡単にポイントが貯まります!
引用元:Rebates

現在は友達キャンペーンで下記のURLから、新規アカウント作成と初回3000円以上を購入されますと、最大600楽天ポイントがプレゼントされます。

友達紹介キャンペーン
  • 新規アカウント作成から30日以内で、初回3000円以上を購入されると最大600楽天ポイントをプレゼント!
  • 楽天アカウントがあれば即座に登録完了。

RakutenRebates-Apple
引用元:Rebates

Rebatesを利用することで、Apple製品の購入額の最大5%が還元されます。

そのほかにも、期間によって以下のように変動します。

  • 通常:1~4%
  • 楽天スーパーセール:3~5%
  • 2024年初売り:最大4%(3%+事前エントリー1%)

人によっては楽天SPUの還元率は大きく異なり、楽天市場のセールやRebatesの楽天スーパーセールなどのタイミングが合えば、20%以上の還元率になる可能性もあります。

Rebatesのポイント還元は、最新デバイスなど対象外商品があるため注意しましょう。

また、Rebatesを利用する際に注意すべきことが2点ございます。

  • 同一ブラウザで利用する。
    楽天IDログイン中とRebatesでお買い物中のブラウザは、必ず同一のパソコン(またはスマホ)の同一ブラウザ内でご利用ください。
  • Cookie設定を有効にする。
    Cookie機能を「無効」に設定している場合は、有効にした状態でRebatesをご利用下さい。

これらの注意点を意識して購入しないと、楽天ポイントが配布されない可能性があります。

Rebatesから正規のAppleオンラインストアにアクセスするので、使い勝手は普段のAppleオンラインストアと変わらないため、メモリ増設やAppleCare+に加入したりとオリジナルのカスタムも可能です。

AppleProduct-Certified
認定整備済製品
Apple-student-discount
学生・職員向けストア

Appleの学割制度と認定整備済製品、初売りでも利用できるため、破格の安さでApple製品を購入できます。

あわせて読みたい
Apple「初売り」と「学割」どっちがお得に購入できるの?さらにお得に購入する方法も紹介! AppleのiPhone、iPad、Macbook、AirPods、AppleWatchなどの製品は、スマートフォン業界やイヤホン業界など他社製品と比較しても、高品質ながら高価格帯であることが広く...

まとめ

認定整備済製品は、何らかの理由で返品された製品や、メーカーの欠陥が見つかった製品など、中古品・欠陥品をAppleが再整備して新品同様にした製品です。

認定整備済製品がおすすめな人
  • 新品同様の品質と保証のApple製品が欲しい
  • ある程度の価格でも品質と保証を優先する
  • 新品価格より安くApple製品を買いたい
  • 中古品に極度の抵抗がない
  • 最新モデルでなくてもいい

再整備された中古品でありながら新品同様の品質と保証をもちつつ、新品価格よりも大幅に割引されています。

お目当ての製品が認定整備済製品として販売されているならおすすめです。

最後までご愛読ありがとうございました。

シェアしてくれたら嬉しいな!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの管理人(21)|Apple製品やガジェットオタクの情報系専門学生。
僕が購入したApple製品やガジェット、勉強した内容や合格した資格に関する情報について発信しています。
資格取得 応用情報技術者試験|基本情報技術者試験|情報セキュリティマネジメント試験|ITパスポート|OracleMaster Sliver SQL|日商簿記3級

目次