Apple学割の不正行為はバレてしまう!?|学割価格や購入時の注意点とは...

applestore-for-education

当記事には広告を含んでおります。

Apple製品はガジェットの中でも高く、大学生や高校生の学生には痛い出費ですよね。

しかし、意外と知られてないだけで、Appleは「Apple Store for Education」という学生・教職員向けストア(学割制度)があります。

通常よりもApple製品を安く買うことができますが、条件や規約があるため理解して利用しないと不正行為になってしまう可能性があります。

taku
taku

不正行為がばれると、当然ですが損害賠償金が発生します!

本記事は、Appleの学生・教職員向けストア(学割制度)の学割価格や条件、学割制度の不正行為など、Appleの学割制度の詳しい情報を紹介します。

学生・教職員向けストア とは

Apple-student-discount
引用元:Apple

Appleの学生・教職員向けストア(学割制度)は、学生や教職員、PTA役員がApple製品を通常よりも安く買うことができる制度です。

Amazon楽天市場、家電量販店、他のネットショッピングなど、他の販売店では絶対に実現することができない安い価格で販売されています。

学生や教職員、PTA役員で対象内なら、この制度を利用しない理由はないと思います。

学割制度をお得にする方法

学割制度の対象商品

Apple Products

Appleの学割制度を利用することで、割引価格でApple製品を購入可能ですが、対象商品が決められています。

学割制度の対象製品

  • iPad
  • Mac
  • iPadアクセサリー
  • 学生・教職員向けPro Appバンドル

安く買うことができるApple製品は限定されますが、十分魅力的な選択肢だと思います。

下記では、これらApple製品ごとの学割適用後の価格を詳しく紹介します。

iPadの学割価格

モデル通常価格学割価格割引額
iPad 第9世代49,800円~45,300円~4,500円
iPad 第10世代68,800円~63,800円~5,000円
iPadmini 第6世代78,800円~70,800円~8,000円
iPadAir 第5世代92,800円~84,800円~8,000円
iPadPro11インチ 第4世代124,800円~116,800円~8,000円
iPadPro12.9インチ 第6世代172,800円~156,800円~16,000円
各モデルの最安値で計算しています

iPadを購入する際の学割で浮いたお金は、iPadのアクセサリーの予算に充てるのも良いです。

学割でiPadが最大16,000円の割引となります。

 

Macの学割価格

モデル通常価格学割価格割引額
M1チップ搭載 MacbookAir134,800円~119,800円~15,000円~
M2チップ搭載 MacbookAir164,800円~149,800円~15,000円~
MacbookPro178,800円~164,800円~14,000円~
iMac174,800円~167,800円~7,000円~
Mac mini84,800円~70,800円~14,000円~
Mac Studio278,800円~250,800円~28,000円~
Studio Display219,800円~205,800円~14,000円~
Pro Display XDR728,800円~669,380円~59,420円~
Mac Pro662,800円~615,780円~47,020円~
各モデルの最安値で計算しています

Macはカスタムすればするほど、安くされるため最大割引金額は数十万円以上になります。

また、Mac本体だけでなくAppleの高性能ディスプレイ(Pro Display XDR)も学割の対象商品です。

taku
taku

個人的には、Magic TrackpadやMagic Mouseを学割の対象外なのが残念です。

before Apple Student Discount on Macbook
通常価格(7,164,600円)
After Apple Student Discount on Macbook
学割価格(6,461,380円)

試しにMacProで最大限のカスタムをしましたが、通常価格と学割価格の差が703,220円と、通常価格から約10%OFFされています。

taku
taku

学割価格でも学生が払える気がしない笑

学割でMacは通常価格から約10%OFFとなります。

アクセサリーの学割価格

各アクセサリー対応機種通常価格学割価格割引額
ApplePencil第1世代iPad14,800円13,480円1,320円
ApplePencil第2世代iPadmini/iPadAir/iPadPro19,800円18,380円1,420円
Smart KeyboardiPad第9世代24,800円23,180円1,620円
Magic Keyboard FolioiPad第10世代38,800円35,680円3,120円
Smart Keyboard FolioiPadAir/iPadPro11インチ/iPadPro12.9インチ27,800円~24,680円~3,120円~
Magic KeyboardiPadAir/iPadPro11インチ/iPadPro12.9インチ44,800円~41,780円~3,020円~
各アクセサリーの最安値で計算しています

意外と知られてないのが、iPadのアクセサリーも学割の対象商品になります。

taku
taku

レポートやノートやイラストなど、iPadを使用する上で必要なキーボードやペンシルが、学割の対象商品なのは嬉しい限りです。

学生・教職員向けPro Appバンドル 学割価格

Pro App Bundle for Students and Faculty
引用元:Apple

これも意外と知られていないのが、アプリにも学割制度が適用されることです。

これらアプリは単体でも高額で、アプリ1つずつを単体で購入した場合は、総額93,500円となります。

通常のアプリ料金

  • Final Cut Pro:45,000円
  • Logic Pro:30,000円
  • Motion:7,000円
  • Compressor:7,000円
  • MainSage:4,500円

総額:93,500円

高額なアプリが、学生・教職員向けPro Appバンドルなら30,000円と通常の1/3で購入できます。(2023年12月現在)

Final Cut ProかLogic Proを買うなら、学生・教職員向けPro Appバンドルを買ったほうが絶対にお得です。

新学期を始めようキャンペーンの併用がおすすめ

Apple back to school campaign
引用元:Apple

毎年2月上旬~4月上旬に開催の「新学期を始めようキャンペーン」を併用することで、学割価格からもっとお得になります。

「新学期を始めようキャンペーン」は、毎年恒例の学生・教職員向けのキャンペーンで、対象のMacもしくはiPadを学割制度で購入すると、最大24,000円分のAppleギフトカードを貰える期間になります。

Appleギフトカード還元

  • iPadAir/iPadPro:19,000円ギフトカード
  • MacbookAir/MacbookPro/iMac:24,000円ギフトカード

Appleギフトカードとは、iPhoneやMacbookなどのハードウェアからAppleのサブスクまで、あらゆるApple内の支払いに利用できるプリペイドカードです。

例えば、iPadAir第5世代を買うと下記のような金額になります。

モデル通常価格学割価格Appleギフトカード還元実質価格
iPadAir第5世代Wi-Fiモデル 64GB92,800円84,800円19,000円65,800円
taku
taku

還元されたAppleギフトカードでApplePencilやMagicKeyboardなど、周辺機器の予算にするのがおすすめ!

「新学期を始めようキャンペーン」に関する詳細な情報は下記でまとめています。

学割制度を利用できる場所

Apple Store
引用元:Apple

学割制度を利用できる場所は、以下の2つに限定されています。

購入場所

  • AppleStore(実店舗)
  • Appleオンラインストア

AppleStore(実店舗)は限られた場所にしかないため、住んでいる場所によっては利用できないと思います。

その場合は、Appleオンラインストアの「学生・教職員ストア向け」から購入しましょう。

学割制度を利用する条件

学割制度なので学生だけと思いがちですが、学生以外にも学割を利用できる対象者はいます。

学割の条件

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生*
  • 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒*
  • 大学受験予備校に在籍する学生*
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

*大学、高等専門学校、専門学校の学生、それらの学校に進学が決まった生徒、大学受験予備校生は父母の代理購入もできます。

引用元:Apple Store for Education

高校生以下は学割対象外ですが、大学、高等専門学校、専門学校、大学受験予備校の生徒、下記の教育機関へ入学予定の人なら学割を利用できます。

そして、小・中・高・大学・専門学校の教職員や、PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方も対象内です。

教育機関といっても、幅広いので多くの人が学割制度を利用できると思います。

taku
taku

教職員である限り、学割制度が利用できるのはいいですね!教員になろうかな笑

学割制度で必要な書類

当然ですが条件を満たしていても、それを証明できるものが必要です。

学割制度を利用する上で必要書類をまとめておきましょう。

必要な書類

  • 学生の場合:学生証や合格通知書
  • 教職員の場合:身分証明書や雇用契約書類
  • PTA役員の場合:役員名簿

ちなみに、疑われないためにも顔写真付きや、学校の割印がある証明書が一番良いです。

学割制度をもっとお得にする方法

「学割制度」をもっとお得にし、Apple製品を安く購入する方法を下記で詳しく紹介しています。

手順

  • 楽天市場でApple ギフトカード購入
  • AppleギフトカードをApple IDに登録
  • Rebates経由でAppleオンラインストアで購入

買い方自体は少々面倒かもしれませんが、慣れていけば効率よくお買い物できるため試してください。

楽天市場でApple ギフトカード購入

Apple-Gift-Card

まずは、楽天市場で購入予定のApple製品の購入額だけ、Appleギフトカードを購入しましょう。

Apple Gift Card 認定店
¥10,000 (2024/04/14 01:45時点 | 楽天市場調べ)

Appleギフトカードとは、iPhoneやMacbookなどのハードウェアからAppleのサブスクまで、あらゆるApple内の支払いに利用できるプリペイドカードです。

楽天市場では、Appleギフトカードを1,500~50,000円の範囲内で購入が可能で、1円単位の調整が可能です。

楽天市場でAppleギフトカードを初回購入する場合、初回購入から45日間は購入額は1万円の制限があります。45日以降からは、制限なく購入することができます。

Rakuten-marathon
Rakuten-5-0

楽天市場の魅力は、「楽天SPU」や「お買い物マラソン」、「5と0のつく日」イベントを利用することで、ポイント還元率が大幅に上昇します。

楽天市場では、最低でも購入した価格の1%以上が楽天ポイントで還元されます。

楽天市場でAppleギフトカード購入

AppleギフトカードをApple IDに登録

その後、楽天市場でAppleギフトカードを購入したら、数分後に楽天市場で登録しているメールアドレスに下記のようなメールが届きます。

AppleGiftCard-Rakuten

送られてきたコードをタップすると、購入した金額分がApple IDの残高に追加されます。

楽天市場では、Appleギフトカードを1回の買い物で最大5万円しか購入できないため、5万円以上を購入する場合は複数回に分けて購入する必要があります。

Rebates経由でAppleオンラインストアで購入

RakutenRebates
引用元:Rebates

購入予定のApple製品の購入額と同等のチャージが完了したら、次に行うべき最も重要なステップは、Rebatesを経由してAppleオンラインストアにアクセスすることです。

Rebatesサービスを経由することで、AppleオンラインストアからApple製品を購入するだけで後日楽天ポイントが配布されます。

現在は友達キャンペーンで下記のURLから、新規アカウント作成と初回3000円以上を購入されますと、最大600楽天ポイントがプレゼントされます。

友達紹介キャンペーン
  • 新規アカウント作成から30日以内で、初回3000円以上を購入されると最大600楽天ポイントをプレゼント!
  • 楽天アカウントがあれば即座に登録完了。
RakutenRebates-Apple
引用元:Rebates

Rebatesを利用することで、Apple製品の購入額の最大5%が還元されます。

還元率

  • 通常:1~2%
  • 楽天スーパーセール:3~5%
  • 2024年初売り:最大4%(3%+事前エントリー1%)

人によっては楽天SPUの還元率は大きく異なり、楽天市場のセールやRebatesの楽天スーパーセールなどのタイミングが合えば、20%以上の還元率になる可能性もあります。

Rebatesのポイント還元は、最新デバイスなど対象外商品があるため注意しましょう。

また、Rebatesを利用する際に注意すべきことが2点ございます。

Rebates利用時の注意点

  • 同一ブラウザで利用する

楽天IDログイン中とRebatesでお買い物中のブラウザは、必ず同一のパソコン(またはスマホ)の同一ブラウザ内でご利用ください。

  • Cookie設定を有効にする

Cookie機能を「無効」に設定している場合は、有効にした状態でRebatesをご利用下さい。

これらの注意点を意識して購入しないと、楽天ポイントが配布されない可能性があります。

Rebatesはコチラ

Rebatesから正規のAppleオンラインストアにアクセスするので、使い勝手は普段のAppleオンラインストアと変わらないため、メモリ増設やAppleCare+に加入したりとオリジナルのカスタムも可能です。

AppleProduct-Certified
認定整備済製品
Apple-student-discount
学生・職員向けストア

Appleの学割制度と認定整備済製品、初売りでも利用できるため、破格の安さでApple製品を購入できます。

学割を利用する上での注意点

ここでは、学割制度を利用する上で、注意すべきことを2つ紹介します。

学割の注意点

  • 購入回数の制限
  • 転売禁止
taku
taku

別に難しい要求でもないため、心配することはありません。

購入回数の制限

学割制度で安く購入できるとはいえ、何台も購入できるわけではありません。

デバイスごとに購入回数による制限があります。

購入回数

  • iMac、Macなどのデスクトップ:1年間に1台まで
  • Mac mini:1年間に1台まで
  • Macbook:1年間に1台まで
  • iPad:1年間に2台まで
  • アクセサリ:学生・教職員価格のアクセサリは1年間に2つまで

学生や教職員が、1年間でiPad3台以上やMac2台以上も購入することは、普通だったらないと思うので特に気にする必要はないでしょう。

転売禁止

普段安く購入できないApple製品が安く購入できると、当然ですが転売をする人たちの目に入るでしょう。

しかし、安易に転売目的で学割制度を利用するのはやめましょう。

Appleでも転売禁止についての記載があるため、転売するとAppleから怒りの拳が飛んできます

taku
taku

利益を上乗せした転売・譲渡はやめましょう!

学割での不正行為はバレる!?

学割対象外だった人たちの中には、「どうせバレないだろ」と考えている人が多いと思います。

しかし、学割対象者でない人が学割制度を利用するとバレます!

なぜなら、AppleStore(実店舗)やAppleオンラインストアで、学割制度を利用する際には身分証明書が確認されるからです。

実際に、AppleStore(実店舗)でiPadを学割制度で購入する際に、学生証の提示を求められました。

taku
taku

顔写真と実際の顔をじっくり見比べられました。(経験者が語る)

最近、Appleオンラインストアの学生・教職員ストアでは、UNiDAYSで学割対象者か確認する制度が整ってきています。

不正行為がバレるとどうなるのか?

Appleに不正行為に関する記述を見つけました。

販売対象者でない事が判明した場合、契約の成立に関わらずアップルは無条件でご注文のキャンセル及び契約の解除を行うことができます。また、アップルの選択により、 Apple Storeプライスに基づいた差額並びにその他損害金をお支払頂く上、法的措置がとられることもあります。
引用元:Apple Store for Education

簡潔に述べると、Apple製品を安く買うはずが多額の賠償金を支払うことになります。

taku
taku

これが本末転倒ですね。

学割対象者と嘘の証明をするために、学生証や身分証明書の偽造は罪に問われるのでバカな真似はやめましょう。

まとめ

Appleの学生・教職員向けストア(学割制度)は、学生や教職員、PTA役員がApple製品を通常よりも安く買うことができる制度です。

Amazon楽天市場、家電量販店など、他の販売店では実現することができない安さで販売されているため、学割制度を利用できる人は絶対に利用しましょう。

学割の条件

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生*
  • 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒*
  • 大学受験予備校に在籍する学生*
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

*大学、高等専門学校、専門学校の学生、それらの学校に進学が決まった生徒、大学受験予備校生は父母の代理購入もできます。

引用元:Apple Store for Education

学生だけでなく、教育機関の人まで幅広い人が学割制度を利用できるので、対象者であればぜひ活用してください。

学割制度をお得にする方法

しかし、学割対象者でない人は学割制度を利用するのは絶対やめましょう

Appleから多額の損害賠償とともに、罪にまで問われる可能性があります。

最後までご愛読ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
taku-room

家主のたく

本サイトの家主・管理人でガジェット好き情報系専門学生。Apple製品、ガジェットには、財布の紐が緩んでしまうため、バイト代のほとんどなくなります。

-Apple