【2023年 最新版】iPadラインナップの比較と選び方を解説【iPad初心者向け】

ipad-chose

当記事には広告を含んでおります。

勉強や仕事、娯楽まで、スマホだけでなく日々の生活で役立つのがiPadです。

現在2023年のiPadラインナップは、iPad無印・iPad mini・iPad Air・iPad Proなど様々なモデルがあり、外見、デザインが似ているiPadがあれば、価格、スペック、機能性が大きく違います。

それでいざ購入しようと思っても、

miki
miki

どのiPadが自分に合っているのか分からない?

と感じている人は初心者ほど多いのではないでしょうか。

本記事では、2023年現在のiPad各モデルの比較と選び方を分かりやすく紹介します。

また、iPadをよく知らない初心者の方でも安心して読める内容になっています。ぜひ参考にしてください。

iPad種類別 スペック比較表

まずは、iPadの各モデルについて詳しく理解しましょう。

現在のiPadには、iPad無印・iPad mini・iPad Air・iPad Proの4種類があり、iPad無印とiPadProにはさらに2つのモデルがあるので、計6モデルが販売されています。

その中から1つを選ぶには、まずiPadのモデルごとに理解をする必要があります。

そこで、下記にiPadのモデルごとにスペックをまとめました。まずはざっと見てください。

各モデルiPad
第9世代
iPad
第10世代
iPad mini
第6世代
iPad Air
第5世代
iPad Pro 11インチ
第4世代
iPad Pro 12.9インチ
第6世代
参考画像
処理性能(チップ)A13A14A15M1M2M2
ディスプレイ
(フルラミネーション)
10.2インチ
非対応
10.9インチ
非対応
8.3インチ
対応
10.9インチ
対応
11インチ
対応
12.9インチ
対応
本体サイズ250.6×174.1×7.5mm248.6×179.5×7mm195.4×134.8×6.3mm247.6×178.5×6.1mm247.6×178.5×5.9mm280.6×214.9×6.4mm
重量
(Wi-Fi/Cellular)
487/498g477/481g293/297g461/462g466/468g682/684g
アウトカメラ8MP 広角カメラ12MP 広角カメラ12MP 広角カメラ12MP 広角カメラ12MP 広角カメラ
10MP超広角カメラ
12MP 広角カメラ
10MP超広角カメラ
インカメラ12MP 超広角カメラ12MP 超広角カメラ(横向き)12MP 超広角カメラ12MP 超広角カメラ12MP 超広角カメラ12MP 超広角カメラ
認証方式Touch IDTouch IDTouch IDTouch IDFace IDFace ID
端子(コネクタ)LightningUSB-CUSB-CUSB-CUSB-C
(Thunderblot)
USB-C
(Thunderblot)
Apple Pencil第1世代第1世代第2世代第2世代第2世代第2世代
純正キーボードSmart KeyboardMagic Keyboard FolioMagic Keyboard/
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard/
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard/
Smart Keyboard Folio
ストレージサイズ64/256GB64/256GB64/256GB64/256GB64GB~2TB64GB~2TB
スピーカー2つ2つ2つ2つ4つ4つ
カラースペースグレイ/
シルバー
シルバー/ピンク/
ブルー/イエロー
スペースグレイ/スターライト/
ピンク/パープル
スペースグレイ/スターライト/
ピンク/パープル/ブルー
スペースグレイ/
シルバー
スペースグレイ/
シルバー
Wi-Fi最大通信速度866Mbps1.2Gbps1.2Gbps1.2Gbps2.4Gbps2.4Gbps
5G対応(Cellular)非対応対応対応対応対応対応
販売価格
(詳細は下記へ)
¥49,800~¥68,800~¥78,800~¥92,800~¥124,800~¥172,800~

iPadはモデル、ストレージによって価格は大幅に変わるので、予算がある程度決まっているなら価格もチェックしておきましょう。

各iPadごとに機能性、価格が大きく違います。ただ、これでは何が良くて何が悪いのか分からないと思います。

そこで、次からはiPadの種類別に特徴とおすすめな人を紹介していきます。

iPad種類別に特徴とおすすめの人

当然ですが、僕の独断と偏見が入っているので、参考として活用してください。
iPad 各モデル
  • iPad 第9世代 総合評価
  • iPad 第10世代 総合評価
  • iPadmini 第6世代 総合評価
  • iPadAir 第5世代 総合評価
  • iPadPro11インチ 第4世代 総合評価
  • iParPro12.9インチ 第6世代 総合評価

iPad 第9世代

iPad9

2021年9月に発売された、iPadラインナップの中で最も安価に購入できて、唯一のホームボタン搭載のiPad第9世代です。

機能性は必要最低限のスペックを搭載し、ズバ抜けた性能はないが最も価格を抑えて購入できるのが特徴になります。

当然ですが、価格を抑えるために必要最低限のスペックしか搭載していないため、不便なことはあります。

iPad第9世代の不便点

  • Lightning端子
  • ApplePencil第1世代 対応
  • 5G 未対応

ですが、処理性能はiPhone11と同じA13チップを採用しているため、動画視聴や漫画、ネットサーフィンなど普段使いで問題はありません。

以上のことから、価格を抑えているためコスパが良く、iPadをまだ持ったことのないiPad初心者におすすめできるiPad第9世代です。

iPad第9世代 おすすめな人

  • iPadを最も安価に購入したい
  • ホームボタンで操作したい
  • 初めてiPadを購入する
  • ネットサーフィンの娯楽が目的

iPad 第10世代

iPad10

2022年10月に発売された、iPad第9世代の新モデルでiPad史上初の横向きカメラに対応のiPad第10世代です。

横向きカメラ搭載でiPadを横に置いた際にインカメラを中央に配置されるため、超広角カメラ12MPでオンライン会議やオンライン授業などのリモートワークに最適な機能があります。

他にも下記のような変化を遂げました。

iPad第9世代からの変更点

  • A14
  • USB-C
  • インカメラ12MP 超広角カメラ 横向き
  • ベゼルレス・ホームボタン廃止
  • 5G 対応

ただし、ApplePencil第1世代対応のままで充電端子がLinghtningなのに対して、iPad本体のUSB-C端子に変更になったため、変換アダプターがないと充電器できない仕様になってしまい、利便性が欠けてしまいました。

taku
taku

変換アダプターはApplePencil第1世代の同梱品に入っています

正直に言えば、これで価格が69,800円からは少々お高めな値段設定だと思います。

そのため、カメラ性能だけは高画質が欲しい人にiPad第10世代がおすすめで、特にカメラ性能を求めていないならiPad第9世代で十分です。

iPad第10世代 おすすめな人

  • 原色カラーで欲しい色のiPadがある
  • リモートワークでカメラ性能高めのiPadが欲しい

iPad第10世代の購入を検討している人はこちらの記事がおすすめです。

iPadmini 第6世代

iPadmini6

2021年9月に発売された、iPadラインナップの中で最も軽量化された、コンパクトで持ち歩きやすい薄型サイズのiPadmini第6世代です。

旧モデルの変更点

  • A15
  • USB-C
  • 8.3インチ
  • ベゼルレス・ホームボタン廃止
  • ApplePencil第2世代 対応

手帳と同じサイズなのに、手帳、メモ帳、読書、ネットサーフィン、ゲームなど、幅広い用途で使用できるのが特徴です。

ただし、タイピングに関する用途には不向きです。

なぜなら、Apple純正キーボードはない上に、Bluetoothキーボードを合わせるとiPadminiの魅力である持ち歩きやすさがなくなってしまいます。

そのため、タイピング以外の用途でメモ書き、読書、ネットサーフィンなど、外出先などで気軽にiPadを使いたいならiPad第6世代がおすすめです。

iPadmini第6世代 おすすめな人

  • iPadを日頃から持ち歩きたい
  • メモ帳、手帳を気軽に書きたい
  • 読書を気軽にしたい

iPadAir 第5世代

iPadAir5

2022年3月に発売された、MacbookAirにも搭載されたM1チップが使用した、汎用性が高いモデルがiPadAir第5世代です。

M1チップ搭載のため画像、動画編集は余裕で処理できる上に、ディスプレイサイズも大きいためイラスト、ノート作成など幅広い用途で使えます。

M1チップ搭載のモデルで10万円以下の端末はiPadAir第5世代だけで、幅広い用途で使えることを考えるとコスパが一番高いモデルだと思います。

しかし、iPadProのように処理性能が一番高いわけでも、iPad無印のように破格の安さってわけでもなく、iPadProとiPad無印の中間にあるバランスの取れたiPadなので一番秀でいる部分がありません。

そのため、iPadProみたいに予算を十数万円をかけれないけれど、安くて高性能なiPadが欲しい人にはiPadAird第5世代がおすすめです。

iPadAir第5世代 おすすめな人

  • iPad予算が10万円以下
  • 画像、動画編集をしたい
  • iPadでノートを取る
  • 欲しい色のiPadがある

iPadPro11インチ 第4世代

iPadPro114

2022年10月に発売された、iPadAir第5世代の上位機種でクリエイター向けモデルがiPadPro11インチ第4世代です。

ディスプレイサイズは、iPadAir第5世代とほとんど同じですがiPadAir第5世代との違いは下記になります。

iPadAir第5世代との違い

  • M2チップ
  • Face ID
  • ストレージ選択が多数
  • 10MP超広角カメラ 搭載
  • ProMotionテクノロジー 搭載
  • USB-C(Thunderblot) 対応
  • 4つスピーカー 搭載

現在販売しているMacbookAirM2と同じM2チップ搭載で、M1チップでも十分な性能でしたが、少しでもアプリの処理時間を短縮したいと考えているならおすすめです。

また、iPadProはProMotionテクノロジー対応で、リフレッシュレートが最大120Hzに対応したディスプレイになります。

ProMotionテクノロジー対応になると、よりリアルな書き心地を実現できます。ApplePencilでイラストやノートで多用する人にとっては嬉しい機能です。

また、ストレージの選択が2TBまで可能なので、イラスト作成や動画編集などストレージを食いそうなデータを大量に保存できます。

そのため、ApplePencilでイラストやノートで多用する人や、高画質動画を長時間編集するなど、プロのクリエイターを目指す人にはiPadPro11インチ第4世代がおすすめです。

iPadPro11インチ第4世代 おすすめな人

  • ApplePencilを多用する
  • 処理時間を出来るだけ待ちたくない
  • 大容量ストレージが欲しい

iPadPro12.9インチ 第6世代

iPadPro12.96

2022年10月に発売された、iPadラインナップ史上最強で、ディスプレイは12.9インチと大画面のiPadPro12.9インチ第6世代です。

iPadPro11インチ第4世代の利点に加えて、下記の性能が追加されます。

iPadPro11インチとの違い

  • ディスプレイ12.9インチ
  • Liquid Retina XDRディスプレイ

マルチタスク機能ステージマネージャなどは、ディスプレイ12.9インチのような大きい画面なほどに使いやすくなります。

また、Liquid Retina XDRディスプレイ搭載で、豊かで鮮やかな色を表現できるため映像が綺麗に見えます。

ですが、価格も当然ならがiPadラインナップ史上の高価格で、価格は約17万円からでiPad初心者やライトユーザーにはおすすめしません。

taku
taku

絶対に考えなしで購入すると後悔します

つまり、ノートパソコンよりiPadを365日ぐらい毎日使う、ヘービーユーザーにはiPadPro12.9インチ第6世代がおすすめです。

iPadPro12.9インチ第6世代 おすすめな人

  • ノートパソコンよりiPadをメインで使う
  • 映像系の仕事にiPadを利用する
  • 仕事道具にはお金をかけれる
  • 金額は気にしない

用途別でiPadを選ぶ

iPadを選ぶ上で一番に大事なことは、目的、用途に合わせて選ぶことです。

適当に買ってしまうと、後々後悔することになります。

下記では用途別におすすめのiPadをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

用途別iPad
初めてiPadを使いたい
子供にiPadを与える
リモート会議、リモート面接用に使いたい
教育機関でiPadを導入したい
お店のレジとして使いたい
動画視聴、ネットサーフィンを楽しみたい
iPad無印第9世代
iPad無印第10世代
動画視聴、ネットサーフィン、読書を楽しみたい
教科書、参考書を読みたい
車のカーナビとして使いたい
メモ帳、手帳を気軽に書きたい
日頃からiPadを外出先で持ち歩きたい
iPadmini 第6世代
教科書、参考書を読みたい
教科書と一緒にノートを取りたい
写真、動画編集をしたい
ブログ活動をしたい
Macbookのサブディスプレイ
iPadAir 第5世代
カメラで動画を撮りたい
長時間の動画編集をしたい
本格的なイラストを描きたい
大容量ストレージを使いたい
MacbookよりメインでiPadを使いたい
iPadPro11インチ 第4世代
iPadPro12.9インチ 第6世代

ここに載せた用途は一部に過ぎませんので、もし「iPadでこれしたいけど、どれ選んでいいかわからない?」っていうのがあったら教えてください。

後悔・失敗するiPadの選び方

後悔・失敗するiPadの選び方には3つあります。

iPad選びをミスると後々めんどくさいから慎重に選ぶのが大事!!
iPad 各モデル
  • 予算を抑えてiPadを安く買う
  • 用途を決めずに買ってしまう
  • 実際に見ずに決める

予算を抑えてiPadを安く買う

iPadの価格だけを見て、安いiPadを買うと絶対に損します。

予算を決めることは悪いことではないですが、予算を抑え過ぎて自分が欲しいiPadが買えないのはダメです。

自分に合わないiPadに買ってしまうと、買い替える方が余計にお金がかかってしまいます。

だからこそ、少々予算オーバーしても自分に合ったiPadを買うべきです。

新品iPadを安く買う方法はコチラ

用途を決めずに買ってしまう

用途決めずに、ただ「かっこいい」などと見た目だけで判断すると宝の持ち腐れです。

買った後に用途が決まったとしても、買ったiPadでは出来なかったり、使い勝手が悪かったります。

なので、iPadを選ぶ際には、先に用途を決めてから買う方がおすすめです。

実際に見ずに決める

現在はiPadをオンラインで買うことができますが、一度は実機を見ることがおすすめです。

なぜなら、iPadは6種類ありますが、外見、デザインが同じのもあれば、全く異なるのもあります。

そのため、実機を確認するだけでも持ちやすさや、使用感をきちんと把握できます。iPad初心者ほど実機を確認することは大事です。

まとめ

2023年現在の最新版のiPadラインナップ、iPad無印・iPad mini・iPad Air・iPad Proの比較と選び方を紹介しました。

iPad選びに失敗すると、結局使わなくなってしまい、高いだけのまな板と化してしまいます。

価格だけでなくスペックが自分の用途に合っているか調べることも大事です。

最後までご愛読ありがとうございました。

新品iPadを安く買う方法はコチラ
  • この記事を書いた人
taku-room

家主のたく

本サイトの家主・管理人でガジェット好き情報系専門学生。Apple製品、ガジェットには、財布の紐が緩んでしまうため、バイト代のほとんどなくなります。

-Apple, iPad