【Mcdodo 変換アダプタ レビュー】Type-CとLightningの充電ケーブル問題を解決

mcdodo typec lightning

当記事には広告を含んでおります。

外出先でiPhoneやiPad、ノートパソコンの作業を行う際、充電ケーブルは欠かせないアイテムです。

ただし、デバイスの充電端子が異なるため、Type-CケーブルとLightningケーブルの2本を持ち歩く必要があります。

taku
taku

充電が必要な時とそうでない時があるため、常に2本のケーブルを持ち歩くのはめんどくさいですよね。

そこで、Type-C端子をLightning端子に変換して、最大36w出力を実現するMcdodo Type-C to ライトニング 変換アダプタをおすすめします。

本記事では、LightningケーブルとType-Cケーブルを1本にまとめ、荷物を減らす便利なMcdodo Type-C to ライトニング 変換アダプタについて詳しく紹介します。

Mcdodo Type-C to ライトニング 変換アダプタ 製品概要

Mcdodo Type-C to ライトニング 変換アダプタ(以後は”Mcdodo変換アダプタ”と呼称)の特徴とスペック、外見を紹介します。

  • 瞬時にType-C端子をLightning端子に変換
  • 最大36Wの急速充電・高速データ転送に対応
  • 12ヶ月の保証期間

最大36wの出力とデータ転送対応を備え、変換アダプターの中でもトップクラスの機能性を持っています。

Mcdodo Type-C to ライトニング 変換アダプタ
サイズ約30 x 11 x 0.5 mm
重量約3.7g
ポートUSB-C×1 / USB-A×1
出力最大36w
データ転送最大480Mbps
保証期間12ヶ月
カラーバリエーションブラック

外観

mcdodo typec lightning back

Mcdodo変換アダプタは、シンプルな外観で、一般的な変換アダプターとほぼ同じです。

唯一異なる点は、変換アダプターの本体にシリコンバンドが装着されていることです。

mcdodo typec lightning logo

シリコンバンドには、企業名のMcdodoが印字されています。

重量

mcdodo typec lightning weight

Mcdodo変換アダプタは約4gの軽量で、Mcdodo変換アダプタとType-Cケーブルだけを持ち歩けば、Lightning端子とType-C端子のデバイスを充電できます。

メリット

Mcdodo変換アダプタの改善点、良かった点は以下の4つになります。

  • ケーブル1本減らせる
  • 急速充電が可能
  • ケーブルホルダーになる
  • 放熱対応

ケーブル1本減らせる

Type-C to Lightning

先に述べたように、Type-CケーブルのType-C端子に被せることでLightning端子へと瞬時に切り替えることができます。

この小さなガジェットで、Type-C端子とLightning端子のデバイスを充電するためのケーブルが1本で済みます。

充電できる端末

  • iPhone
  • AirPods
  • iPad
  • Macbook
  • Android
  • 一部のノートPC(Type-C充電対応)
  • Nitendon Switch
  • etc...

サイズは約30 x 11 x 0.5 mm(シリコンバンドは含まず)と非常にコンパクトで、Type-Cケーブルと一緒に持っているだけで、ケーブル2本分の役割を果たしてくれます

急速充電が可能

Mcdodo 36w

Mcdodo変換アダプタは最大36Wの出力を持ち、iPhoneの急速充電に対応しています。

約15分間の充電で30%までバッテリーを充電できるので、作業中や忙しい時間に非常に便利です。

ただし、この急速充電を活用するためには、充電ケーブルがType-C to Type-Cであること、そして充電器とケーブルが36Wの出力に対応していることが必須となります。

ケーブルホルダーになる

Mcdodo-cable-holder

Mcdodo変換アダプタに装着しているシリコンバンドが、ケーブルホルダーとしても利用可能です。

最初は、紛失防止のためにシリコンバンドをケーブルに通すことが考えられましたが、実際にはその長さを活用して、ケーブルを整理するのに便利なケーブルホルダーとして役立っています。

そのため、ガジェットポーチ内でケーブルが乱雑に絡まるのを防ぐことができるので、非常に嬉しい仕様です。

放熱対応

素材はアルミ合金を採用することで、ガジェットが発生させる熱を素早く放出することができます。

ガジェット内部の精密機械が過熱すると、ガジェットの寿命を縮める原因となることがあるため、このような細かな設計の気遣いはありがたいところです。

taku
taku

直接的には実感できないかもしれませんが、長期的に見れば間違いなく役立つ機能です。

デメリット

Mcdodo変換アダプタのデメリットは以下の1つになります。

  • 価格は高い

価格は高い

Mcdodo変換アダプタの価格は1,299円で、一部のユーザーからは「変換アダプタにしては価格が高い」と感じられるかもしれません。

他の数百円で購入できる変換アダプタと比較すると、高価に感じるかもしれませんが、先述したようにMcdodo変換アダプタは最大出力36wでデータ転送に対応しています。

taku
taku

急速充電とデータ転送に対応し、利便性も高いため妥当な価格とも思えます。

まとめ

Mcdodo Type-C to ライトニング 変換アダプタを持つことで、様々なデバイスの充電に簡単に対応できます。

おすすめな人
おすすめじゃない人
  • 急速充電に対応できる変換アダプターが欲しい
  • データ転送に対応している変換アダプターが欲しい
  • 荷物はできるだけまとめて収納したい
  • 安物の変換アダプターが欲しい

このコンパクトなガジェットを使うことで、いつも2本のケーブルを持ち歩く必要がなくなります。

日常の使用や旅行にも便利で、手軽に持ち運ぶことができます。ぜひ一度試してみてください!

最後までご愛読ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
taku-room

家主のたく

本サイトの家主・管理人でガジェット好き情報系専門学生。Apple製品、ガジェットには、財布の紐が緩んでしまうため、バイト代のほとんどなくなります。

-gadget, 周辺機器